Define C Windowタイプのレビュー

3月2日のRyzen 7発売の際に一式を購入し、その際に選んだPCケース
Fractal Design製のDefine C Windowのレビューを書こうとして半年ほど。
ようやくやる気も出てきたのでてきとうに書いていこうと思います。

続きを読む

スポンサーサイト

Radeon RX Vegaのレビューが公開+@

http://www.4gamer.net/games/337/G033714/20170814053/
(4gamer.net)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/review/1075646.html
(PC Watch)

AMDはハイエンドグラフィックカードRadeon RX Vega 64/56を発表
8月14日にレビューが解禁され、21日にVega64の販売が開始されました。

Vega64/56はVegaアーキテクチャーを採用し14nmプロセスを用いて製造されたVega10を採用しています。
スペックですがVega64は4096基のコアを持ち、1247~1546Mhzで動作、8GBのHBM2メモリを備え
ボードパワーは295Wに設定されています。
Vega56は3584基のコアを持ち、1156~1471Mhzで動作、8GBのHBM2メモリを備え
ボードパワーは210Wに設定されています。

Vega64/56のリファレンスボードにはBIOSを切り替えるスイッチが用意されており
標準と、電力セーブ状態の2種が用意されています。
これとは別にソフトウェア上(Radeon SettingのWattManにて)でTurbo Balanced Power Saver
という3段階のプロファイルを切り替えることが出来ます。
よってVega64/54では合計6種類のパフォーマンス調整が出来るようになっています。

その性能ですが、Vega64は1080とVega56は1070と互角程度の性能になっています。
後記する価格を考えると妥当なところに収まっています。
しかし、消費電力が非常に高く対抗製品と比較して100W、またはそれ以上の電力を消費しています。

ちなみにVega64は電力を最大限セーブした場合出荷時のBalanced状態から100Wほど電力を削減できるようです。
それに対して性能低下は1割ほどとなっており、これが大体Vega56のBalanced時と同程度です。
それでいてVega56よりも省電力で動作しています。
とはいえGeForce1080や1070のワットパフォーマンスには追いつけていないです。

ハッキリといえばGeForceとのワットパフォーマンス差が大きく、価格差が無ければ価値を見出すのは難しいです。
またFuryX比でシュリンクしてアーキテクチャーも2世代進んでるのにそこまでワットパフォーマンス
良くなってないような…という対身内で見た際の心証もあまりよくありません。
CPUがRyzenで盛り返す中、GPUは依然としてGeForceとの差を埋められていない感じを
再認識する結果となり、ファンボーイ的には辛いレビューとなりました。
ただ同じようなことはGTX 480とHD 5870の時にあり、その後GTX 680とHD 7970になる頃には
立場が逆転しました。
だからこそRadeonもGeForceに対して強烈な一撃をお見舞いできるのだと信じたいところです。

Ryzen Threadripperが発売される+@

http://www.4gamer.net/games/300/G030061/20170810001/
(4gamer.net)

8月10日の22時にAMDのハイエンドCPUであるRyzeb Threadripperが発売開始されました。
Ryzen Threadripperは最大で16コア32スレッドの構成で、一つのパッケージに複数のダイを搭載しています。
PCI Express Gen.3レーン数は64レーンとなっており1800Xなどに採用されているSummit Ridgeの24レーンから
倍以上に増えています。
メモリチャネルは4chでCPUクーラーは付属していません。

今回は3.4~4.0GHz16コア32スレッドの1950X(999$)と
3.5~4.0GHzの1920X(799$)がリリースされました。

その性能はマルチスレッドに関しては価格的に上位である7900Xを上回っており
消費電力も対抗製品を考えた場合妥当なレベルに収まっています。

価格に関してですが1950Xの想定市場売価が999$に設定されていますが
国内では税込みで15万円近い価格が設定されています。
これは近い時期に登場した1020$の7900Xが12万円程度である事を考えると
ずいぶんと高い価格設定になっています。
その高い価格故に発売日にCPUは買わずにマザーボードだけ買う人が居たとあり
安価で想定市場売価と同価の米アマゾン等で購入したと推測できます。

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1076995.html
(AKIBA PC Hotline)

発売から2週間ほどが経ち、突然に1950Xの価格が2万円ほど下落しました。
米アマゾンの価格が999$である事を考えると依然として割高感はありますが
国内購入を視野に入れるレベルに落ち着いた感があります。

GeForceの980Tiが登場した辺りから登場直後のグラフィックカードは
米アマゾンで買った方が安いという事実があり、グラフィックカードに関してはそういった
動きが一定数ありました。
しかしそれが明確にCPUにまで広がったのは今回が初めてでしょう。

サイズ製CPUクーラー虎徹 MarkⅡのレビュー

http://www.gdm.or.jp/review/2017/0708/210121
(エルミタージュ秋葉原)

2017年6月1日から発売が開始された虎徹 MarkⅡのレビューが掲載されています。
虎徹 MarkⅡのレビューは虎徹をベースに改良を加えたモデルであり
大きなポイントとして以下が挙げられます。

・高さが160mmから154mmに低くなった
・メモリ、拡張スロットに対するオフセット処置がされ、物理干渉に対する配慮が成された
・ファンが耐久性の増したKAZE FLEXに変更されたこと
・スプリングスクリュー方式のブリッジを採用することでネジ締めが初心者にもわかりやすくなった

物理干渉に対する配慮が多く施されたほか、ファンの高性能化、取り付けやすさなど
全般的に改良が施され、王道を征くCPUクーラーと化しました。
しかしその一方で高級感を演出するためにニッケルメッキ処理が施されています。
見た目だけだけでなく酸化防止にも役立つ処理ですが、価格が優先されるこの製品帯で
そこまでするべきだったのかという疑問が残ります。

とはいえコスパ、物理干渉、取り付けやすさCPUクーラーに求められるどれもが
完璧とも言える形で揃っており、これからの中心的製品であることは疑いようがありません。

Core i9 7900Xのレビュー

http://www.4gamer.net/games/382/G038222/20170630095/
(4gamer.net)

2017年5月30日にIntelはBasin Fallsと呼ばれるプラットフォームを発表しました。
これはLGA2066ソケット、Intel X299チップセット、最大18コア36スレッドCPUで構成されるモノです。

採用されるCPUは4コアのKaby LakeXと6コア以上のSkyLakeXの2種類です。
Kaby LakeXはCore i7 7740XとCore i5 7640Xが用意されます。
今回レビューで紹介されているi7 7740Xは4コア8スレッド、4.3~4.5GHzで動作し
1MB×4のL2キャッシュ、6MBのL3キャッシュを持ちます。デュアルチャンネルに対応します。
Core i7 7770Kと比べてL2キャッシュが4倍に増えていますが、対してL3キャッシュは2MB減っています。
動作周波数は定格で100MHz高いものの最大値は同じです。

Sky LakeXはCore i7 7800X~Core i9 7890WEまでが予告されていますが
現在i7 7800X、i7 7820X、i9 7900Xの3つの予想売価が明らかにされています。

i9 7900Xは10コア20スレッドの製品で3.3GHz~4.3GHzで動作します。
L2キャッシュは1MB×10、L3キャッシュは13.75MBでクアッドチャネルに対応します。
全世代のi7 6950Xと比べコア数は変わりませんが、最大周波数が800MHz高く設定され、かなり上昇しています。
定格も300Mhz高くなっています。L2キャッシュは先ほど同様増加していますが、L3キャッシュは25MBから13.75MBと
大幅に減っています。TDPは両者とも140Wです。

その性能ですが、Core i7 7740Xはi7 7770Kと性能、消費電力共に差が無い状況です。
TDPが91Wの7770Kに対して112Wと増加している7740Xですがその差が現れる場面はこのレビューではありませんでした。
Core i9 7900Xですが6950Xを超える高いマルチスレッド性能を見せるものの
消費電力は同じTDPとは思えないほどに高い値を示しており、場面によってはR7 1800Xの倍近状態です。

i9という今までありそうで付けられなかった名称が与えられるにふさわしい性能と消費電力示してしまった
Core i9 7900X。4gamerでは故障が気がかりとまで書かれています。また消費電力の増大に伴い
マザーボードのVRMの発熱がすごいことになり冷却に苦慮するなどという海外レビューも有り
ピーキーな製品であると言えるでしょう。
従来のX系はCPUとヒートスプレッダがソルダリングされており、高い熱伝導率を誇っていました。
しかし今回からはグリスに変更されたという話で扱いにくさに拍車がかかっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。