Samsungが新SSD、960PRO 960EVOを発表する

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1021171.html
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1021285.html
(PCWatch)
960PROは950PROの後継モデルでM.2フォームファクターを採用したモデルです。
容量は512GB/1TB/2TBの3種類で、価格は順に329.99$/629.99$/1299.99$となる予定です。
保障期間は5年間です。
シーケンシャルリードは最大3,500MB/s、シーケンシャルライトは最大2,100MB/s
4KBランダムリードは最大44万IOPS、4KBランダムライトは最大36万IOPSです。

960EVOは960PROと同じくM.2フォームファクターを採用したモデルです。
容量は250GB/500GB/1TBの3種類で、価格は順に122.99$/249.99$/479.99$となる予定です。
保障期間は3年間です。
シーケンシャルリードは最大3,200MB/s、シーケンシャルライトは最大1,900MB/s
4KBランダムリードは最大38万IOPS、4KBランダムライトは最大36万IOPSです。

960PRO/EVOの特徴として新しいコントローラであるPolarisが従来のコントローラ比で
性能向上しているため、それがSSDの高速化に繋がっています。
従来では3コアだったものが5コアと2コア増量しています。

960EVOには850EVOにも搭載されていた高速化技術Trubo Writeの発展型である
Inteligent Trubo Writeが搭載されています。
Trubo WriteではSSDの領域の一部をSLCとして扱い、そこを優先的に利用することで高速化を行ってきました。
Inteligent Trubo Writeでは領域を拡張、またアルゴリズムの改良により性能が向上しているようです。

960PROでは冷却を意識したものとしてHeat Spreading Labelと呼ばれる技術が採用されています。
これは製品に張られるラベルに銅版の層を追加することで、ラベル自体に放熱性能を持たせ
効率よく冷却するものです。
それに加えて960PROは950PRO比で消費電力が抑えられています。

どちらも出荷は2016年の10月を予定しています。

またPolarisかよ、この業界Polarisどれだけ好きなんだよと思いました
PLEXTORのM8Peでもそうでしたが、M.2のSSDは発熱に対する処置が
SATAモデルと比べてかなり細やかに行われている感じがあります。
そこに関していくつかのアプローチを取ってきたのは良い差別化だと感じます。
スポンサーサイト

Samsungが850 EVOを発表した

http://www.4gamer.net/games/999/G999902/20141207001/
(4gamer.net)
http://ascii.jp/elem/000/000/957/957599/
(ASCII)

2014年の12月8日にSamsungはSATA接続のSSD、Samsung SSD 850EVOを発表しました。
850EVOは120GB、250GB、500GB、1TBの4ラインナップが展開され
2013年7月に登場した840EVOを置き換える、一般向け下位モデルです。

続きを読む

Crucialのm4、新フォームウェア登場

http://vr-zone.com/articles/crucial-issues-firmware-upgrade-for-its-m4-series-of-ssds/13412.html
(VR-Zone)

CrucialのSSD、m4の新フォームウェアが公開されました。
このアップデートにより、シーケンシャルリードが20%ほど高速になるようです。

20%ってかなり大きな数字ですね…まさか、このような余力を残していたとは。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。