ASUSオリジナルRadeon HD 5970-ARES -について

http://www.nordichardware.com/en/component/content/article/71-graphics/302-asus-ares-custom-dual-gpu-card-to-rock-our-worlds.html
(Expreview.com)
http://en.expreview.com/2010/02/26/more-sneak-peek-at-asus-hd-5970-ares-graphics-card/6776.html
(Expreview.com)

Radeon HD 5970はRadeon HD 5870を二つ搭載した
デュアルGPUカードですが、消費電力の関係なのかクロックがHD 5870比で落されています
それを元のクロックに戻し、メモリを4GB搭載したものがARESです

今回はその冷却機構と基盤について書かれています
またその消費電力は半端なものでは無いようで、8ピンを2つ6ピンを1つの補助電源を使用します


以下素人考察ですがRadeon HD 5870の最高消費電力は190W以下です
つまり二つ搭載しただけなら、単純計算上では360W
一つの基盤に収めていることとメモリの増量を考慮しても
これほどの補助電源は必要なかったのではと思います
なのでこれは完全にオーバークロック前提での設計なのではと思います、前回も書いた気が・・・
しかし、そうであるならば水枕も一緒につけて欲しいですね
スポンサーサイト

Radeon HD 5830の詳細について

http://www.fudzilla.com/content/view/17781/1/
(Fudzilla)

Radeon HD 5830についてです

Radeon HD 5830は200$から250$程度で市場に投入されるようで
259$という価格設定のRadeon HD 5850に非常に近い価格になっています
Cypressをベースとしたこのモデルは、StreamProcessor数は1120(HD 5850は1440)、
ROP数は16(HD5850と5870は32)、TMU数は56(HD 5850は72)となる。
コア周波数は800MHz(HD 5850は725MHz)になります
メモリは1000MHz駆動のGDDR5を1GB搭載し、メモリインターフェースは256bitとなります

また動作周波数がRadeon HD5850比で上がっているためか
最大消費電力が上位モデルであるはずのRadeon HD 5850の151Wよりも大きい
175Wになっています

ベンダー各社はすぐにリファレンスで無いものを製造できるため
VaporX や PCSなどを搭載したものが登場するようです

上位モデルよりも消費電力の大きいカードって・・・
と言っても価格さえしっかり上位と下位で別れさせることが出来れば
需要はあるでしょうね

先行するのか?Thubanの発表時期について

http://northwood.blog60.fc2.com/blog-entry-3562.html
(ocworkbench.com)

PhenomⅡ×6と呼ばれるのではないかと言われているThubanですが
2010年の4月26日に発表されるのではないかと書かれています
また3月の2~6に開催されるCeBITで展示されるとの事です

またここではThubanは現行のマザーボードのBIOSをアップデートすることで
使用することが出来るようです

以前では5月ごろと言われていたので、かなり順調に進んでいると見て良さそうですね

Core i7-980X Extreme Editionは単体販売は後回し

http://www.gdm.or.jp/voices_html/201002/2301.html
(エルミタージュ秋葉原)

Core i7-980X Extreme Editionについてです

Core i7-980X Extreme Editionは3月16日に発表されますが
単品販売には数ヶ月掛かるとの事です
発表後はホワイトBOX向けの組み込みバルクが優先されるようです

最悪PhenomⅡ×6のほうが登場が早くなりそうですね

Fermiの現状を捉える

http://northwood.blog60.fc2.com/blog-entry-3552.html
(北森瓦版)

かなり気合の入った翻訳がされています、私はとてもする気にはなれません・・・

ここに書かれている事を要約すると

・登場は今年1月31日~4月29日の間で行われる
・しかし、十分な供給量が確保されるのは4月30日~7月30日になるかもしれない

・日本時間の明日(2月23日)の朝2時ごろにNVIDIAは重大な発表をするらしい

・GF100は歩留まり最悪の数パーセント程度
・さらにGeForce GTX 480の性能はRadeon HD 5870よりも数パーセント高い程度
・つまりGeForce GTX 480の下に来るGTX 470はRadeon HD 5870に及ばない
・電圧を大きくして動作させているために消費電力が大きくなっている
・そのために発熱量が多くなり、ファンの回転数は非常に速い=うるさい

これが最悪だとしてもとてもではないですがRadeon HD 5970に及ぶ性能があるとは思えません
そもそも、TSMCの40nmが良くないことは事前に分かっていたはずなのに
巨大チップをに頼ろうとしたことは、製造ではなく、経営に問題があるのでは・・・

http://www.excite.co.jp/News/column/20100218/Slashdot_10_02_18_104244.html
(Exciteニュース)
"Fermi"と言う超発熱爆弾ですね、分かります
とうとう製品の出来の悪さにマーケティングディレクターの頭が・・・

Trillianの仮説、Radeon HD 5870の6画面出力対応版

http://www.fudzilla.com/content/view/17741/1/
(Fudzilla)

TrillianというGPUが出るのではないかと言われ
それはGPUを3つ搭載したものだったり、Radeon HD 5870のクロックアップ版ではないか
などと様々な憶測が流れています

しかしここではTrillianはRadeon HD 5870の6画面出力対応版ではないかと書かれています


また別のところでも書きますが、Radeon HD 4770は一部では
Radeon HD 5000シリーズのためのテストモデルであり
HD 4770での経験をフィードバックし5000シリーズに生かしたとされています
それと同様の事を5000シリーズでも行う可能性が十分にあり
それがRadeon HD 5890ではないかと個人的に思っています

GeForce 300シリーズはリネームの受け皿

http://northwood.blog60.fc2.com/blog-entry-3528.html
北森瓦版

NVIDIAは"NVIDIA Rename Technology"によってあなたのPCを
よりグラフィカルに表現することが可能です

てきとうに文句を考えてみたり・・・

NVIDIAはGeForce GT 340, GT 330, GT 320を追加しました
スペックについてはリンク先を参考に

スペックを見ると分かりますが、GT340とGT320はDirectX 10.1に対応していますが
GT330は対応していません
それどころか、GT330のほうがGT340よりも消費電力が高いと言う謎の仕様になっています
これはGT340がGT240のリネームでGT330がG92bのリネームであるからでしょう

フルスペックのGT330のスペックは非常に9800GT(GTS240)に似ています
そのため9800GTのリネームではないかと思われますが
そうであれば、8800GT→9800GT→GTS240→GT330という
まさかの4段リネームになります、そこにしびれ憧れさえ覚えます

結局GeForce 300シリーズはGF100では無く、9000シリーズと200シリーズの
リネームネームになりそうですね

最上位を更新するCore ixについて

http://www.fudzilla.com/content/view/17672/1/
http://www.fudzilla.com/content/view/17689/1/
(Fudzilla)

まずはLynnfieldことCore i7 800シリーズですが
Core i7 880を2010年の第二四半期に登場させるようです
動作周波数は3.06GHzになるようで、いよいよ定格で3GHz越えです
その他の仕様は全て他の800シリーズと同じものです
これの登場によりCore i7 870が860の価格である2万円後半に落ちてくるのでしょうね

そしてCore i3ですが同じく第二四半期にCore i3 550が登場するようです
動作周波数は3.2GHzになるとの事です
こちらも残りの仕様は他の500シリーズと同様です
また800シリーズ同様に540が530の価格に落ちてくるでしょう

AMDほどでは無いですが、こちらも最高動作周波数を上げてきていますね
Core i3 に関しては様々な点から見てもバランスが取れたモデルですので
動作周波数の向上は嬉しいです


ASUSのMatrix 5870について

http://www.nordichardware.com/en/component/content/article/71-graphics/240-asus-hd5870-matrix-2gb-new-cooler-and-overclocked.html
(NordicHardware)

ASUSはOCグラフィックカードを出すようです、それがMatrix 5870になります
Matrix 5870はRadeon HD 5870をOCしたものです
冷却性能はオリジナルクーラーを使用し、電量供給は8ピンを2つ使用し強化しています
動作周波数は900MHz、メモリクロックは4900MHzまで上げられています
またメモリはGDDR5を2GB搭載します

OCは控えめですが、供給電力量を150Wも増やしているところを見ると
かなりユーザー側のOCを想定していますね、と言うか定格を想定していないかもしれないですねww

しかしAMDがこれを許可すると言うことは
噂のRadeon HD 5890の動作周波数は少なくとも900MHzを超えるのでしょうか?
未だ出るかどうかも分かっていないHD 5890ですが
もしこの仮定がおかしくなければ定格1GHzも夢ではなさそうです


Core i7 930/960について

http://www.gdm.or.jp/voices_html/201002/1201.html
(エルミタージュ秋葉原)

今月末である28日にCore i7 930(2.8GHz、29000円程度)
Core i7 960(3.2GHz、56000円程度)が登場するようです
現在Core i7 920などを使っている人や
新規でハイエンド構成を狙う人などにオススメですね
しかしWestmereが迫っていますからね、控えたほうが良いかもしれません

メモリインターフェイス128bitの9600GT

以下確定ではないので話半分に

とある大型掲示板などでは、本来256bitのインターフェイスのものしか存在しない
9600GTの、メモリインターフェイス128bit版が発見されたという話しが飛び交っています
またそれは複数のメーカーが出していることから
メーカの独自商品ではなく、NVIDIAからのアクションがあったのではと予測されます

そもそも9600GTなんて今買う人間が居るかどうか疑問ですが
買う方はショップ側に聞いてみると良いですね
そんなものを買うなら9800GTやHD4770を買いますけどね
これがNVIDIAがリネームさえする気が無くなった表れだとすると
その他製品にも影響がいつか出るかもしれないですね

Radeon HD 5830のスペックについて

http://www.fudzilla.com/content/view/17612/1/
(Fudzilla)

3月頃に登場すると言われているRadeon HD 5830ですが
そのスペックと価格について書かれています

まず驚くべきことに動作周波数は上がるようでHD 5850から25MHz上がった
750MHzになるようです
そしてSP数はHD 5850の1440基から1280基になるようです
テクスチャユニットも減り、HD 5850の72から60に減るようです
またテクスチャユニットに関しては一部で64基と述べているところもあるようです

そして価格はHD 5850から5000円程度安くなり
215ユーロになるのではないかとされています

誰も居ないところを埋めてくれるRadeon HD 5830ですが
価格とパフォーマンスのバランスも良さそうですね
これで補助電源が6ピン一つであれば嬉しいですね

そんなRadeon HD 5830にNVIDIAはGTS250×2で迎え撃とうとしていた・・・
いや冗談です

Radeon HD 5570について

http://www.4gamer.net/games/098/G009886/20100208044/
(4gamer.net)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/tawada/20100209_347915.html
(PC Watch)

2月9日AMDはRadeon HD 5570を発表しました

簡単にHD 5570を説明するとダウンクロックしてGDDR3を搭載した
Radeon HD 5670になります

具体的な数字を出すと、動作周波数がHD 5670は775MHzなのに対して
HD 5570は650MHzになります

メモリはHD 5670が4GHz相当なのに対して、HD 5570は1.8GHz相当になっています

そしてその性能はHD 4670相当と見るのが良さそうです
ですがそのHD 4670よりもロード時の消費電力が抑えられています
またロープロファイルにも適応できるのも特徴的です

割高感が若干あるRadeon HD 5670に手が出しにくい人にオススメですね

Core i7 970について

http://www.fudzilla.com/content/view/17499/1/
(Fudzilla)

今年の第三四半期に登場するといわれている
Core i7 970ですが、3.2GHz動作の6コアとここでは書かれています
これが45nmプロセスなのか、32nmプロセスなのかわかりませんが
6万円程度の価格帯で登場するCPUとしては。異常なコストパフォーマンスですね

AMD6コアは本当に大丈夫でしょうか

GF100のネーミングについて

http://www.anandtech.com/weblog/showpost.aspx?i=668
(AnandTech)

大絶賛迷走中のGF100ですが、400番台を用いるようです
300番台を用いなかった理由として
リネームの影響があるようです

また最初に登場する二つのGF100の製品名は
GTX470/480になるようです

余談ですが、いまだGF104というGPUについては
第二四半期に登場する程度のことしかわかっていません
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。