GeForce GTS 450がリストされる

http://www.fudzilla.com/graphics/graphics/graphics/gts-450-listed-in-europe
(Fudzilla)

ASUS製のGeForce GTS 450がリストされたようです

スペックも明らかになっており
コアクロックが783MHz、シェーダクロックが1566MHz
メモリクロックは900MHz、メモリインターフェイスは128bitのようです

TDPは125Wになるようで、108WのRadeon HD 5770、86WのRadeon HD 5750よりも大きくなります
価格は130$程度になる予定です
またNVIDIAがリファレンスを用意しないと言った為か
いきなりのオリジナルファンモデルになるようです

上手いこと性能的に5770と5750の間に入るか5770越えをしてくれれば良いですが
そうでなければTDP的にもいらない子になりそうな危うさがあります

スポンサーサイト

XFX製 一スロットで5画面出力するRadeon HD 5770

http://ascii.jp/elem/000/000/550/550152/
(ASCII)

XFXからRadeon HD 5770 1024 MB DDR5 5x Mini-DisplayPortが販売となりました
これは5画面出力を可能にしたRadeon HD 5770です
さらにカードの厚みが1スロットとなっています
スペックに関しては定格で、動作クロックが850MHz,メモリクロックが4800MHzです
ただし、ケーブル類が付属していない為
MiniDP CONNECTION KITを利用して欲しいとのことです
価格は19000円程度です

2画面程度であれば以前発売されたモデルで十分でしょうと言うか
そちらの方が費用対効果は明らかに高いでしょう
1スロットと言う省スペースながら5画面出力できるのは面白いですね

AMDのBulldozerとBobcatについて

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/20100827_389491.html
(PC Watch)

AMDはBulldozerとBobcatの概要について発表しました
説明が長いので解説はリンク先を

http://www.tcmagazine.com/tcm/news/hardware/30003/radeon-hd-6000-series-gpu-codenames-found-catalyst-108
(TechConnect Magazine)

Catalyst 10.8がリリースされましたが
その中にSouthern Islandsと呼ばれている次世代GPUの
幾つかのコードネームが記述されていたようです

Antilles XT PRO Radeon HD 5900のポジション
Cayman XT PRO Radeon HD 5800のポジション
Barts XT PRO Radeon HD 5700のポジション  
Turks XT PRO Radeon HD 5600,5500のポジション
Caicos PRO Radeon HD 5400のポジション

この他にGLと付くものはFireProではないかと言われているので省きました
ラインナップとしては今とあまり変わりないように思えます
最上位モデルであるAntillesが二つと言うことは
今回は幻に終わったRadeon HD 5950的モデルが出るのでしょうか
私はそんな変なモデルが大好きです

LGA1155版Sandy Bridgeは何処をカバーするのか

http://www.computerbase.de/news/hardware/prozessoren/intel/2010/august/sandy_bridge_pentium-_celeron-nachfolger/
(CoumputerBase)

SandyBridgeの最下位はCeleronとなるようようです
最上位としてCore i7が登場するので、3万円から下の価格帯の製品は
すべてLGA1155から登場することになります

SandyBridgeでは現在のような分かりにくいラインナップが無くなりそうですね
一般のユーザーはすべてLGA1155、特殊な作業をする方は現行のLGA1366の後継品をと言う形になりそうです
現在は一部800シリーズと900シリーズが被っており分かりずらいです、本当に

先生の作品 ASRock製 939A790GMH

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20100821/etc_asrock.html
(AKIBA PC Hotline)

自作PC界で変態としての地位を不動のものにしているASRockですが
今回は790GX搭載Socket 939マザー939A790GMHを販売するようです
価格は8480円程度となるようで、安価な感じはあります
使用用途を無視して一品購入したい作品です

最速シングルスロットカードか? HD-577X-ZMF3nituite

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/feature/20100819_387729.html
(PC Watch)

XFX製、シングルスロット版Radeon HD 5770についてです
PC Watchではその検証がされたようですが、かなり静かとの事
温度は室温が不明ですが、アイドル50度、ロード70度と許容範囲と感じるレベルです
ただし、排気方向がフロント方向になるため吸気を妨げます
搭載する場合はフロントを排気にして、横方向から吸気したほうが良いでしょうね

ATIロゴは使われるのか?

http://www.kitguru.net/components/graphic-cards/faith/ati-logo-finally-gone/
(KitGuru)

2011年にAMDはFusionを登場させますが、それに際してATIというロゴを終了させるのではと言われています
ATIがAMDに買収されたのは2006年なので約四年間のお勤めになります

これが事実であれば、カテゴリをAMDだけに絞る必要が…
まあGPU.CPUとでも付けて分けるでしょうけど

AMDCPUの価格改定

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100817_387557.html
(PC WATCH)

AMDのPhenom IIとAthlon IIの全22種の価格が改定されました
大きく改定されているのがクアッドコア系で
PhenomⅡ×4 955/966とAthlonⅡ×4 640などは20$以上下げられています

価格が下がり購入しやすくなるのは喜ばしいことです
最上位クアッドコアの値が下がるということはPhenomⅡ×4 975の登場を期待してしまいそうです

タッチパネルの卓上ファンコントローラー、Sentry LXEについて

http://ascii.jp/elem/000/000/546/546120/
(ASCII)

NZXTからSentry LXEが販売されました
Sentry LXEは5つのファンをコントロールでき
回転数と温度とレベルゲージを視認出来る物です
価格は8800円程度と高価ですが、私的には欲しい代物です

GF106のダイサイズについて

http://vr-zone.com/articles/nvidia-gf106-die-shots-leaked/9545.html
(VR-Zone)

GF106のダイ写真が流れたようです
サイズは15.3mm、15.7mmで240mm2になるようで
このサイズはG92bよりは小さくなりますが
Radeon HD 5700で使われている、Juniper(170mm2)よりも大きいものになります
GF104のダイサイズが366mm2であるので、サイズはGF104の66%になります

ダイサイズがGF104比で66%であることを考えれば
Radeon HD 5770を超える性能を出すことも十分考えられますね
それ以上に消費電力がどうなるかが気がかりですが

GeForce GTX 450のスペックについてェ…

http://www.tcmagazine.com/tcm/news/hardware/29527/geforce-gts-450-frequencies-reported
(TechConnect magazine)

GeForce GTX 450のスペックについて書かれています
動作周波数は789MHz、メモリはGDDR5を1GB搭載し3760MHzで動作します
メモリインターフェイスは128bitになるようで
6ピンの補助電源を一つ搭載しているようです
価格は160$以下になるようです

基盤の写真を見るとメモリは最大6枚、つまり192bitまでのメモリインターフェイスが
確保されていると予想できます
CUDA COREに関しては書かれていませんが、おそらくは192基になると予想されています
個人的な考えですが、NVIDIAはイールドを取る為にフルスペックの
GF104、GF106を出すことに積極的でない気がします
出るとしてもGF 104を二枚搭載するGTX 490なるものくらいでしょう
まあ素人の考えですが

Ontarioについて

http://en.expreview.com/2010/07/29/amds-ontario-computing-performance-leaked-out/8694.html
(Expreview.com)
低消費電力向けAPUであるOntarioの性能について書かれています
以前AMDは現行のモデルの8~9割程度の性能を有すると説明していますが
まさにその通りな数値を出しています
Ontarioの1.4GHz~1.6GHzとAthlon II X2 250uの結果が
比較的近いことからそのことが伺えます

しかし、このクラスで重要なのはあくまで消費電力です
以下で消費電力について書きます

http://www.xbitlabs.com/news/cpu/display/20100728152908_Source_Denies_Excessive_Power_Consumption_of_the_First_AMD_Fusion_Processors.html
(X-bit labs)

ある時期からOntarioのTDPは18W~24Wであるということが噂されていましたが
AMDはこれを否定したようで、これよりも低くなるとのことです
Atomとの対抗を意識しているようなので10Wを切るくらいは狙ってくるのでしょうね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。