Radeon HD 6990について

http://www.4gamer.net/games/123/G012385/20110125062/
(4gamer.net)

2011年1月26日AMDは、シンガポールのShangri-la Hotel Singaporeで
AntillesことRadeon HD 6990を2011年第1四半期末までに市場投入すると
明らかにしました

Caymanを二つ搭載するAntillesですが、Radeon HD 6970と同数(1536)の
SPを搭載すると考えた場合、消費電力的に300W(補助電源が6/8ピンが一つずつなので)に
収めるためには何らかの策を講じなければならないように思えます
それも、Radeon HD 5970の時のようにダウンクロックするのではなく
別の何かがあるように思えます

ここからはソースも無い、素人の考えですが
コアに少なからず改良を加えているのかもしれません
Radeon HD 4870とHD 4890のようなものを連想するとわかりやすいですが
改良とダウンクロックで300Wに収めているような気がします

更に妄想が続きますが、Radeon HD 4890の時のように
改良コアでRadeon HD 6960とHD 6980が登場するなどと言う妄想をしています
これはGTX 570/560Tiに対抗する為に可能性として僅かにあるかもしれません
まあ所詮は妄想の産物に過ぎませんが
スポンサーサイト

Turks Radeon HD6670/6570について

http://news.ati-forum.de/index.php/news/34-amdati-grafikkarten/1707-details-zu-qturksq-einsteiger-grafikkarten-von-amd
(ATi-Forums)

TurksはとしてRadeon HD 6670/6570が投入されます
SP数はどちらも480基になりますが、メモリはRadeon HD 6670がGDDR5を1GB
Radeon HD 6570はGDDR3を2GB搭載します
どちらもROPを16基有し、メモリインターフェイスは128bitになります

周波数はRadeon HD 6670は800MHzの動作周波数
メモリクロックは4000MHzになります

同じくRadeon HD 6570は650MHzの動作周波数
メモリクロックは1800MHzになります


全体的にRadeon HD 5670から強化されており
中でもROPが倍になったのは大きいでしょう
更にSPはRadeon HD 5670比で80基の増加にとどまりますが
Bartsを半分にしたものと思われるこのモデルでは
Radeon HD 6670がRadeon HD 5750に近い性能になるのではないかと思います




GeForce GTX 560Tiは3万円台前半を支配できるのか?

http://www.4gamer.net/games/123/G012385/20110125062/
(4gamer.net)

2011年1月25日23:00、NVIDIAはGeForce GTX 560Tiを発表しました
GeForce GTX 560TiはGeForce GTX 470の置き換えとなるモデルとなるようです
NVIDIAの北米想定市場価格は249ドルで後で記述しますが
Radeon HD 6950の1GBモデルよりも10$安いものになります

このGeForce GTX 560Tiで使われているコアはフルスペックのGF 114となり
384基のCUDA Coreと32基のROP、256bitのメモリインターフェイスを有します
テクスチャーユニットは64基になります
動作周波数は822MHz、メモリクロックは4008MHzになります

その性能ですが、NVIDIAがRadeon HD 6870を意識しているだけあり
Radeon HD 6870を確実に上回りますがRadeon HD 5870や6950を相手にすると
互角に近い性能になります

しかし、何時もどおりというべきですが
消費電力面で、差が出ています
ほとんど全ての場面で確実に比較されているRadeon 系のカードよりも消費電力は高く
Radeon HD 6950比で30W高い場面が見られますし
Radeon HD 6870比では語る必要が無いほどに差が見られます

とりあえず、ここまでをまとめると、性能面はRadeon HD 6950の対抗として
面白い存在となっていますが、消費電力面でやや劣勢と言った感じです
やや問題なのは価格です、AMDはGeForce GTX 560Tiに価格で対抗するために
Radeon HD 6950の1GB版を登場させています
現状Radeon HD 6950 2GBの価格が28000円程度であることを考えると
1GB版は、それ以下の価格帯に収まり、2GBとの性能差があるとも思えないので
GeForce GTX 560Tiの魅力が薄れます
またRadeon HD 6870のOC版を登場させるようなので
上下から挟まれているGeForce GTX 560Tiは厳しい立ち居地を強いられることになります


ただ、NVIDIAにとって自社製品が未投入で、がら空きだったこの価格帯に製品を投入した意味は多いですし
我々にとって選択肢が増えたことは歓迎するべきでしょう
NVIDIAもAMDもこのスイートスポットに対しての力の入れ具合は強いですから
これからもこれらの製品の動きは目が離せないですね

偽りの世界、Radeon HD 5700はRadeon HD 6700にリネーム

http://www.4gamer.net/games/127/G012745/20110121013/
(4gamer.net)

タイトルが厨二っぽい?…些細なことだ…!
たまにはネタに走りたくなるときがありますよね

PCメーカー向けにRadeon HD 5700シリーズをリネームした
Radeon HD 6700シリーズが登場するようです
仕様はHDMI 1.4aに対応する以外はまったく同じようで、非常に残念です

リネームRadeon HD 6700の登場で
Cayman系 or Barts系のRadeon HD 6700シリーズの登場は
絶望的と言ってよいでしょう

その代わり観測的希望になりますが、Radeon HD 6600シリーズは
Bartsの半分をクロックダウンした物になるんじゃ無いかと思って居たりします
またRadeon HD 6850の半分ならばダウンクロックすることで
補助電源なしが作れる範疇に消費電力が収まる可能性もあります
まあ所詮は愚か者の妄想に過ぎませんが

GeFore GTX 560Tiの日本国内の予価

http://www.gdm.or.jp/voices_html/201101/20110116b.html
(エルミタージュ秋葉原)


NVIDIAのGPUGeFore GTX 560Tiですが価格は28000円程度になるようです
TDPは180Wで補助電源は6ピン二つ、各社オリジナルクーラーモデルを登場させてくるようです

性能的にはRadeon HD 6950に近いと言われるだけあり、価格もそれに近いものになります
それに対抗するべくRadeon HD 6950のメモリ1GBモデルなどが登場します
ただ価格差は2000円程度とご祝儀が邪魔で、GeFore GTX 560Tiに対して
価格差でリードするには不十分な存在になりそうです

AntillesことRadeon HD 6990のスペック

http://en.expreview.com/2011/01/11/amd-radeon-hd-6990-to-launch-in-february/13822.html
(Expreview.com)

AntillesことRadeon HD 6990のスペックについてのスライドです
Radeon HD 6990の発表は2月ごろになるようです
StreamProcessor数は3840基となるようで、単精度演算性能は6TFlops、倍精度演算性能は1.5TFlopsになるようです

メモリはGDDR5を4GB搭載し、メモリ帯域は307.2GB/sとなるようで
最大消費電力は300WでIdle時の消費電力は30Wとなります


StreamProcessor数が3840基になるようですが
Radeon HD 6990は我々の考えている通りであれば、Radeon HD 6970が二つ搭載されたカードです
その為、最高でも、3072基(Radeon HD 6970は1536基)になると私は考えていました

これに関しては二つ考えられます
一つは単純にRadeon HD 6970で使われているものはフルスペックでは無いと言う事です
Radeon HD 6970ではいくつかが無効化されており、それがRadeon HD 6990搭載に伴い
有効化されていると考えれば、辻褄は合います

もう一つは実際の数値は3840基ではなく、3072基ではないかということです
CaymanはVLIW4を採用していますが、VLIW5計算でSP数を数えると
Radeon HD 6970のSP数は1920基と数えることが出来ます
(4*16*24)(5*16*24)
VLIW4が登場したばかりであることの配慮、また大きく見せるために
VLIW5時の数で表記した可能性もあります

どちらにしろ、神とAMDのみぞ知ることで我々は発表を待つほか無いでしょう
今分かっていることは、これがRadeon HD 5970よりも高速であるということです

IvyBridgeのグラフィックス

http://www.nordichardware.com/news/69-cpu--chipset/42062-intel-bakes-directx-11-into-coming-22nm-ivy-bridge-cpu.html
(NordicHardware)

Intelは2011年第4四半期にIvyBridgeを計画しています
SandyBridgeの製造プロセスを22nm化させたIvyBridgeでは
GPUがさらに強化されて、DirectX 11に対応するようです

SandyBridgeで盛り上がっていますが、これを見ると
2012年を待つべきなのか…と思ってしまいます
もちろん欲する人は今すぐにでも買うべきでしょうけど
Linfieldからの移行組はIvyBridgeを待つのがベストな気がします

AMDのCEOが辞任

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/20110111_419567.html
(PC Watch)

2008年からCEOを勤めてきた、Dirk Meyer氏が
現地時間の1月10日に辞任することを発表しました
またこれは合意の下での辞任であるようです

2011年からCPUでもintelに対して反撃していく雰囲気がある中で
CEOが辞任をするというのはあまり良い流れに感じられませんね
ある程度、今まで計画されていた路線が変化するともされてるようですし

Radeon HD 6000Mシリーズについて

http://www.4gamer.net/games/110/G011066/20110105004/
(4gamer.net)

2010年1月4日にAMDはノートPC向け単体GPUの新シリーズRadeon HD 6000Mを発表しました
この新シリーズでは、ATIブランドの廃止に伴ってMobilityの文字が消え
モデルナンバーの後ろにMが付いています

このRadeon HD 6000Mは5000シリーズのマスクチェンジ版と
新機能を搭載した、新製品の二つを同時に展開し
さまざまな需要に答えるようです

新年早々すべてを過去にするSandy Bridge

http://www.4gamer.net/games/098/G009883/20110103001/
(4gamer.net)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/tawada/20110103_417994.html
(PC Watch)
http://www.4gamer.net/games/098/G009883/20110102001/
(4gamer.net)

レビュー解禁となったSandy Bridgeについてです
Sandy Bridgeにおいて注目すべきは、32nmプロセス化と
グラフィックとノースブリッジ性能を一つのダイにまとめた事でしょう

オーバークロックもより高周波数を狙えるようになっているのか
intel製のサイドフロー型クーラーXTS100Hを用いて検証を行ったところ
i7-2600Kで5.0GHzで安定したと記載されており
空冷でも周波数をかなりあげることが出来るようです

そしてその性能ですが
2万円後半の価格帯に収まる、Core i7-2600Kが
ゲームにおいてCore i7 975を超える性能を見せつけており
今までのCPUとはなんだったのかというのが、私の偽り無い感想です

今まで5万円以上の非常に高い位置にあったCPUを超える性能が
3万円程度で買えるのは、事件とさえいえるでしょう
新年早々、すべてのCPUを過去にするCPUそれがSandy Bridgeと言えるでしょう

しかし、それは性能的な問題で、私的な意見を言うと
2010年代に登場したCPUで困るような環境は中々見つからないので
新規購入ではなく、別途に購入するのは
宗教や、趣味ではなく、実務的にはよほど困っていない限り
意味は無いのかなーと思います

…こんな事を書いておかないと、完璧超人ですからねSandy Bridgeさんは
それにAMDからBulldozerが来る以上、急いで手を出さず、両社を観測してから
手を出すのが、無難な選択でしょう



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。