FC2ブログ

GTX 660/650が発表される、GTX 660のレビュー

http://www.4gamer.net/games/120/G012093/20120905100/
(4gamer.net)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/feature/20120913_558740.html?ref=rss
(PC Watch)
http://www.anandtech.com/show/6276/nvidia-geforce-gtx-660-review-gk106-rounds-out-the-kepler-family
(Anand Tech)
http://www.xbitlabs.com/articles/graphics/display/geforce-gtx-660.html
(Xbit)

NVIDIAは2012年9月13日の22時にGeForce GTX 660とGTX 650を発表しました
GTX 650はレビュアーがレビューを作成する時期には、まだ動作するドライバが存在せず
レビューを上げているところが存在しないようなので、今回は発表されたという記載のみを行います

GTX 660はKepler世代の新しいGPUコアである、GK 106を採用しています
GK 106の基本構造はGk 104と同じです
GK 106ではミニGPUであるGPCがGk 104の4基から3基に減り、それに合わせてSMXが5基になっています
なのでGk 106のCUDA Coreは192×5の960基となっています
またテクスチャユニットは、16×5の80基となっています
またメモリインターフェイスとROPがGk 104比で1基削られており
ROPは24基、メモリインターフェイスは192bitとなっています

GTX 660はコアクロックが980MHz、ブーストクロックが1033MHz
メモリクロックが6008MHz相当、メモリ容量が2GB
TDPが140W、補助電源は6ピンを1つ必要としています

そしてその性能ですが、Radeon HD 7850に対し、ほとんどの場面で高い性能を示しています
しかしDirextX9系のゲーム、負荷の強いゲームなどでは逆転されている場面もあります
またRadeon HD 7870に対しては、半数近くの環境でGTX 660のスコアが劣っています

消費電力はアイドル時(非ロングアイドル)ではほぼ変わらず
ロード時はRadeon HD 7850比で14~34W程度、GTX 660は高い消費電力を示しています
対Radeon HD 7870では-5~23Wと、環境により異なりますが、大体の場面で
RadeonHD 7870よりも、GTX 660は低い消費電力を示しています


GTX 660はちょうどRadeon HD 7850とHD 7870の間に入ってくるようなパフォーマンスを見せ
価格もちょうど間に入ってくるような感じになっています
登場時から、性能と価格のバランスが取れており、GeForce版Radeo HD 7800系を求めているならば
すぐに飛びついてもよさそうです

ただ、バランスが取れた良品であることは間違いありませんが
決して、市場のパワーバランスを壊すような、インパクトある製品ではありません
負荷時のパフォーマンスダウンも、しっかり継承してしまっているので
多くの製品が存在する2万円台の価格帯で、自分がどのような製品を求めているのか
明確化させておく必要があるでしょう
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。