NVIDIAは2014年の第四四半期にGTX 880/870をリリースするのか

http://www.techpowerup.com/202238/nvidia-geforce-gtx-880-and-gtx-870-to-launch-this-q4.html
(TechPowerUp)

SweClockersによると今年の10月、11月辺りに遅くとも今年の第四四半期中に
GeForce GTX 880と870を発表するそうです。

GeForce GTX 880と870はMaxwellアーキテクチャーを採用した
GM204用いており、製造プロセスは28nmプロセスになるようです。
GM204は3200基のCUDA Core、200基のテクスチャユニット
32基のROPと256bitのメモリインターフェイスを有します。
GM204はGK104を置き換えます。

続きを読む

スポンサーサイト

ASUSが自社のH81 B85 H87 H97マザーでのオーバークロックを可能にする

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20140618_653930.html
(PC Watch)

ASUSは6月18日にH81 B85 H87 H97チップセット搭載マザーボードで
可変倍率によるオーバークロックを可能にするUEFI BIOSを順次公開すると発表しました。

またそれの宣伝としてかH87 PROを用いてPentium G3258を4.9GHz(1.58V)で動作させている
スクリーンショットを公開しました。

ただしメモリはDDR3-1600に制限され、ベースクロック125MHz/167MHz用の比率が
用意されないようです。

続きを読む

Enthoo Proのレビュー

Phanteks製PCケースEnthoo Proのスタンダードモデルを購入したので
色々と書き記そうと思います。

ちなみにEnthooProはスタンダードモデルとアクリルモデルの2種がありますが
アクリルモデルはサイドパネルの大部分がアクリル化され、電源カバーが取り付けられています。
一方スタンダードモデルはサイドパネルが通気口さえない完全な鉄板になり
電源カバーは付属しません。
その他の仕様は共通です。

・搭載可能ファン
フロント:120mm×2/140mm×2/200mm(標準搭載)
ボトム:120mm×2/140mm
リア:120mm/140mm
トップ:120mm×3/140mm×3/200mm
ストレージベイ:120mm×2

標準搭載200mmファンは1200±250rpm動作(82.1CFM/19dB/1.33H2O)

以下仕様
・5.25インチベイ:3
・3.5/2.5インチシャドウベイ:6(3基搭載可能なHDDベイが2つ)
・2.5インチシャドウベイ:1
・拡張スロット8段
・グラフィックカードスペース:347mm→472mm(HDDベイを外した場合)
・CPUクーラー高さ限界:193mm
・対応フォームファクタ:E-ATX/ATX/Micro-ATX/SSI/EEB
・外形寸法:幅235mm×高さ535mm×奥行き550mm
・重量:スタンダードモデルが13.3Kg/アクリルモデルが13.8Kg

続きを読む

Intel 8 SeriesのDevil's Canyon対応状況

http://jp.msi.com/news/100115.html
(MSI)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20140611_652776.html
(PC Watch)

6月26日発売を予定しているIntel製CPUのDevil's Canyonですが
ASUSとMSIが、Intel 8 Seriesの対応状況を明らかにしました。
どちらもほとんどのマザーボードで利用できるようです。

続きを読む

MSI製新型VGAクーラーTwin Frozr V Prototype

http://www.gdm.or.jp/crew/2014/0604/72889
(エルミタージュ秋葉原)

現在開催中のComputex2014のMSIブースに
新型VGAクーラーの試作品が展示されていたようです。

名前はTwin Frozr Vとなっており数字から察するに次の世代のクーラーでしょう。
台湾本社の担当者曰くQ4辺りに登場を予定しているNVIDIAの新型GPUでの採用を
検討しているそうです。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。