GeForce GTX 1050Ti/1050が販売開始される + レビュー解禁

http://www.4gamer.net/games/251/G025177/20161022012/
(4gamer.net)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/review/1026491.html
(PC Watch)

2016年の10月18日にGeForce GTX 1000Seriesのエントリーモデルである
GTX 1050Tiと1050が発表されました。
そして25日の22時に同製品の販売が開始されました。

GTX 1050と1050TiはGP107というコアを採用し
TSMCの16nm FinFETプロセス技術が用いられています。
GP107は768基のCUDA Core(128×6)、48基のテクスチャユニット、32基のROPユニット
128bitのメモリインターフェイスで構成されています。

GTX 1050TiではフルスペックのGP107が採用され、4GBのGDDR5メモリが搭載されています。
動作周波数は1290~1392Mhzでメモリクロックは7008MHzです。

GTX 1050はコアの一部分が無効化されており、CUDA Coreが786から640基に
テクスチャユニットが48基から40基に減っており、搭載メモリも2GBのGDDR5メモリです。
動作周波数は1354~1455Mhzと1050Ti比で高く、メモリクロックは7008MHzと同じです。

どちらもTDPは75Wで補助電源を必要としません。

性能ですがだいたいの場合でGTX 950≦GTX 1050<GTX 960≦GTX 1050TIという感じです。
消費電力はGTX 950比でどちらも30W程度低くなっており、GTX 750Tiから微増程度になっています。

続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。