スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ryzen Threadripperが発売される+@

http://www.4gamer.net/games/300/G030061/20170810001/
(4gamer.net)

8月10日の22時にAMDのハイエンドCPUであるRyzeb Threadripperが発売開始されました。
Ryzen Threadripperは最大で16コア32スレッドの構成で、一つのパッケージに複数のダイを搭載しています。
PCI Express Gen.3レーン数は64レーンとなっており1800Xなどに採用されているSummit Ridgeの24レーンから
倍以上に増えています。
メモリチャネルは4chでCPUクーラーは付属していません。

今回は3.4~4.0GHz16コア32スレッドの1950X(999$)と
3.5~4.0GHzの1920X(799$)がリリースされました。

その性能はマルチスレッドに関しては価格的に上位である7900Xを上回っており
消費電力も対抗製品を考えた場合妥当なレベルに収まっています。

価格に関してですが1950Xの想定市場売価が999$に設定されていますが
国内では税込みで15万円近い価格が設定されています。
これは近い時期に登場した1020$の7900Xが12万円程度である事を考えると
ずいぶんと高い価格設定になっています。
その高い価格故に発売日にCPUは買わずにマザーボードだけ買う人が居たとあり
安価で想定市場売価と同価の米アマゾン等で購入したと推測できます。

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1076995.html
(AKIBA PC Hotline)

発売から2週間ほどが経ち、突然に1950Xの価格が2万円ほど下落しました。
米アマゾンの価格が999$である事を考えると依然として割高感はありますが
国内購入を視野に入れるレベルに落ち着いた感があります。

GeForceの980Tiが登場した辺りから登場直後のグラフィックカードは
米アマゾンで買った方が安いという事実があり、グラフィックカードに関してはそういった
動きが一定数ありました。
しかしそれが明確にCPUにまで広がったのは今回が初めてでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。