スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Radeon RX Vegaのレビューが公開+@

http://www.4gamer.net/games/337/G033714/20170814053/
(4gamer.net)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/review/1075646.html
(PC Watch)

AMDはハイエンドグラフィックカードRadeon RX Vega 64/56を発表
8月14日にレビューが解禁され、21日にVega64の販売が開始されました。

Vega64/56はVegaアーキテクチャーを採用し14nmプロセスを用いて製造されたVega10を採用しています。
スペックですがVega64は4096基のコアを持ち、1247~1546Mhzで動作、8GBのHBM2メモリを備え
ボードパワーは295Wに設定されています。
Vega56は3584基のコアを持ち、1156~1471Mhzで動作、8GBのHBM2メモリを備え
ボードパワーは210Wに設定されています。

Vega64/56のリファレンスボードにはBIOSを切り替えるスイッチが用意されており
標準と、電力セーブ状態の2種が用意されています。
これとは別にソフトウェア上(Radeon SettingのWattManにて)でTurbo Balanced Power Saver
という3段階のプロファイルを切り替えることが出来ます。
よってVega64/54では合計6種類のパフォーマンス調整が出来るようになっています。

その性能ですが、Vega64は1080とVega56は1070と互角程度の性能になっています。
後記する価格を考えると妥当なところに収まっています。
しかし、消費電力が非常に高く対抗製品と比較して100W、またはそれ以上の電力を消費しています。

ちなみにVega64は電力を最大限セーブした場合出荷時のBalanced状態から100Wほど電力を削減できるようです。
それに対して性能低下は1割ほどとなっており、これが大体Vega56のBalanced時と同程度です。
それでいてVega56よりも省電力で動作しています。
とはいえGeForce1080や1070のワットパフォーマンスには追いつけていないです。

ハッキリといえばGeForceとのワットパフォーマンス差が大きく、価格差が無ければ価値を見出すのは難しいです。
またFuryX比でシュリンクしてアーキテクチャーも2世代進んでるのにそこまでワットパフォーマンス
良くなってないような…という対身内で見た際の心証もあまりよくありません。
CPUがRyzenで盛り返す中、GPUは依然としてGeForceとの差を埋められていない感じを
再認識する結果となり、ファンボーイ的には辛いレビューとなりました。
ただ同じようなことはGTX 480とHD 5870の時にあり、その後GTX 680とHD 7970になる頃には
立場が逆転しました。
だからこそRadeonもGeForceに対して強烈な一撃をお見舞いできるのだと信じたいところです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。